FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーティングバトル使用構築  クッション(汁抜け)晴れヘルガー《ポケモンSM》 

お久しぶりです。このブログの存在を丸一年間忘れていましたパォオオンです 第六世代に比べてかなり対戦をする機会は減りましたが、それでも少しは潜っていたので使っていた構築を記事として残しておこうかと思います。

構築の経緯
七世代中盤で公式で開催されたインターネット大会「プリティプリマ」で参加可能だったヌケニンに着目し実際に大会で使ってみたところ強烈な選出誘導力と終盤での詰めやすさ、かわいさに魅了されたのでシングルレートでヌケニンを軸に組んでみて、そこでヌケニンの武器を考えてみるとやはり特性による強烈な選出誘導は大きな強みなので、ヌケニンを見て出てきやすい雪降らしやすなおこしの特性を持つポケモンを軸とした構築に強く出られるポケモンで回りを固めることにしました。

個別紹介
ヌケニン(NNスペランカー)
1(4)-156(252)-65-45-50-92(252) いじっぱり/きあいの襷
鬼火/かげうち/シザクロ/日本晴れ
ASぶっぱ。勇気のHP4振り。この構築の軸でバンギやカバ、キュウコンを先発で選出させて後述のニョロトノと対面させることとテテフ等のフェアリーの一貫切り、拘りエースの妨害がこの子主な役割です。使ってみた感想としてはとても頼りになりました。バンギカバキュウコンを高い確率で先鋒で選出させられる元々の役割に加えて鬼火による相手エースの機能停止等多くの場面で役に立ち、選出しなくても相手にかなりの圧力をかけてくれるので本当に助かりました。
その活躍ぶりはまるでアイシールド21の関東大会決勝白秋ダイナソーズ戦で右腕を折りながらも存在感だけでデビルバッツに流れを持ってきた時のヒル魔のようでした。 悪魔の石像…!   デメリットとしては使用主の私が特性に依存してしまったことでしょうか。よく選出段階でヌケニンがいるからといって相手のポケモンを4体切ったりしてました(バカ)  麻薬ですねヌケニン

ヘルガー
151(4)-99-110-192(252)-110-183(252) 臆病/ヘルガナイト
オバヒ/ソラビ/悪波/道連れ
CSぶっぱで技構成は打ち逃げに特化。ヌケニンとの縦の相性が素晴らしくヌケニンに日本晴れを入れていることから特性も発動できるので採用しました。役割としてはヌケニンの存在感を利用して無償に近い形で降臨させ高火力を押しつけるといった感じでした。炎悪草の範囲は非常に優秀で晴れ下で降臨させればそのまま軽く二匹持っていって残りをヌケニンで詰めてeasywinも狙えたので使ってて楽しかったです。ただ非晴れ下だとかなり悲惨な火力な上にヌケニン以上に落ちやすく道連れが弱体化したので正直苦行でした。選出率は2割以下です。誤ってヌケニンなしで選出してしまった時には初手降参しかありません。さしずめアイシールド21の雪光くんみたいな感じですね。

ニョロトノ
191(204)-85-95(36)-156(252)-122(12)-91(4) 控えめ/拘り眼鏡
波乗り/ドロポン/冷ビ/サイキネ
控えめHCでサイキネはドヒドイデが出てこないかなーという淡い期待のもと採用しました。火力押しつけ役2号で本構築のエースです 基本的には初手に出てきたバンギやキュウコンの下から雨を降らして高火力のドロポンで後ろに圧力をかけるのが役割です冷静最遅にすれば少しsに降ったカバの下も取れましたが上からでもカバにはかなりの火力は出るのでそのままにしました。この子の活躍は素晴らしく初手から受けにきたポケモンをことごとく急所で沈めていった勇姿を忘れることはできません。よくグドラやラグラージに雨を寝取られましたがヌケニンくんがしっかりケアしてくれたので安心して選出できました。アイシールド21で言うと王城がバリスタを使っているときの進くらいの攻撃の要でした。

マンムー
185-182(252)-101(4)-81-80-145(252) 陽気/拘りスカーフ
地震/氷柱針/礫/岩雪崩
岩の一貫があまりに辛いのとマンダ、ガッサの選出を抑制するために採用しました。ミミッキュへの誤魔化しでもあります。このパーティで最も汎用性があるので雑に使っても強かったです。まるでアイシールド21で陸上部からの助っ人ながらデビルバッツのスタメンに定着して挙げ句の果てに陸のロデオドライブをマスターしてしまった石丸君みたいです。マンムーくんを採用してしまったことでバンギやカバがでてこなかったりしたことが上のレートのほうでは見られたのでコンセプトを崩しかねませんでしたがこの子でしかカバーできないポケモンも多いのでそこは我慢しました。

シルヴァディ
191(164)-103-150(172)-115-115-137(172)図太い/飛メモリ
エアスラ/放射/波乗り/すて台詞
ヌケニンを出さない場合のトノやマンムーの降臨を手助けするクッションその2とナットやカグヤを焼く枠として採用しました。飛メモリを採用したのは草と格闘を受けやすくするためでしたが岩が飛んできたり胞子が飛んできたりで良い対策枠とは言えなかったです。こいつじゃなくて別のポケモンの方がいい気もしますが見た目がカッコイイので愛で採用しました。割とすぐひこうタイプだとバレることがおおかったです。まるでアイシー(ry

ライボルト
175(236)-85-80-128(20)-80-172(252)臆病/ナイト
10万/ボルチェン/毒々/めざ氷
バンギやカバを呼ぶための見せポケ且つ威嚇枠。バシャーモに全抜きだけはされたくないので採用しました。放射は打ちたい相手がいても逃げられるので試験的に毒々にしてみたところ中々うまくいったのでそのまま。とても強いポケモンで頼りになりましたがシルヴァディやヌケニンと役割が被るのと上の二匹を活躍させてあげたい点、ヘルガーが悲しい目をしてこっちを見つめてくるので積極的に選出はしませんでした。


まとめ
最高レート1749
この構築をSMでは使い続けましたが砂パやカバリザ、キュウコン展開には高い勝率を誇る一方スリップを駆使してくるカグヤや受けループには為す術もなくやられたりする差の激しい構築でした。汎用性に乏しいポケモンが多いので不安定でしたがヌケニンやシルヴァディやヘルガー等好きなポケモン達で今作はレートを戦うことができたので非常に楽しかったです。次回作のUSUMの発売も間近ですね。僕は最近ポッ拳やポケモンカードゲームや別ゲーにお熱なので発売後にすぐレートに興じるのは難しいかもしれませんが新UBも楽しみなのでゆっくりとやっていくつもりです。 
このような駄文にお付き合いくださりありがとうございました。スマホの方は改行等で見にくいかと思いますがもうしわけありません。アイシールドネタが分からない方はすみませんでした。 では




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。